読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

“ホ・オポノポノ” の書籍を読んで思ったこと

ホ・オポノポノ 人生 考え方 書籍

f:id:nonkini:20160922113255j:image

『ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 

神聖なる知性が導く、心の平和のための苦悩の手放し方』

ハレアカラ・ヒューレン、櫻庭 雅文 著   徳間書店

 

知ってる人は知ってる有名な書籍です。

2008年に発売されたものですが、実は最近読みました。

 

簡単に説明すると、

人はもともと、生まれながらに完璧な存在であり、“神聖なる存在”から光(インスピレーション)がいつも直接届いています。しかし、潜在意識の中の過去の記憶がそれを邪魔しています。

「ありがとう」

「ごめんなさい」

「許してください」

「愛しています」

この4つの言葉を唱えることにより、潜在意識の記憶をクリーニング(浄化)し、心をゼロの状態(本来の自分)に戻しインスピレーションを受け取れるようするというものです。

 

ただ言葉を心の中で唱えるだけ。本当に簡単です。

簡単であるがゆえに「本当に効果があるのか?」と思ってしまいます。

しかし、原理としては仏教キリスト教などとあまり変わらないというか、根本的には同じものだと言っていいと思います。

結局はエゴを捨て、とらわれのない心の状態を追求すること…“執着しない” それに尽きると思います。

このホ・オポノポノがいいと思われる点は、まず宗教臭くないところ。

そして、どんな人にも理解しやすい簡単な方法であるところ。

また “ハワイの秘法“ ということで、楽園のイメージ、伝統のイメージ、神秘的なイメージが浮かんでくるところも。

カルト的な奇蹟じゃなく、楽園でワクワクと過ごせば本当に起こりそうな奇蹟を予感させてくれます。

そういうところが人気のある理由なんでしょう。

4つの言葉は確かにいい言霊をもっている言葉です。

特に「ありがとう」、「愛しています」なんてパーフェクトワードです。

小林正観さんなんかも、 “ありがとうは魔法の言葉” と言っていました。

 

私は、夢を実現するためには “思い込みの力” が大切だと思っています。

別の言い方をすれば、“自己暗示” または “根拠のない自信” と言ってもいいでしょう。

そこに、このような “執着しない” ということが加われば、完璧です。

 思い込んでいれば、不安も恐怖も無い。

執着していなければ、思い通りにならなくても気にならない。

“夢の実現” にも執着していないから、苦しむことはない。常に幸せです。

人生はそのままで完璧だとわかっているから、何があっても落ち着いていられます。

“そのままで完璧だ!” と完全に思い込めないから、苦しみ、悩み、思考をコントロールしようとします。

でも、そうやって苦しむこともそのままで正解。それでいい。

苦しくて、グラグラで、不安で、どうしようもなく情けなくて…

そんな時こそ、「ごめんなさい! 許してください!」って心の中で叫んでみたらいいのです。

ちょっと落ち着いたら「ありがとう…愛しています…」とつぶやいてみましょう。

「こんなのでいいんだよな… まだしんどいけど… まぁいっか!」と笑い飛ばしてやりましょう。

最後は笑って忘れましょう。

 

いろんなメソッドがあるけど、お笑い番組やコメディ映画観て笑って忘れるのが、実は一番シンプルで確実な方法なのかも知れませんね。

バカっぽく見られるかも… って? いやいや、そういうことにも執着しないこと、気にしないこと(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたの人生がすばらしいものになりますように🍀