読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

不安を克服するには…

f:id:nonkini:20160410001156j:image

春は始まりの季節です。

新社会人や新入生など、期待と不安が溢れる時期でもあります。
こういう時の感情は、どちらかといえばいい刺激になるものです。
しかし、普段の生活で感じる“不安”というものはどうでしょうか?
 
まず原因がはっきりわかっている時は、対処法を考えればいいこと。
会社によってはよく書かされる“業務改善報告書”と同じ。「原因と対策… 原因と対策… 」呪文のように唱えながら書いたものです。
 
漠然とした不安の場合はどうでしょうか?
 
不安な感情というものは誰にでもおこるもの。
ではなぜ苦しいのか?何とかしたい…と思うのはなぜか?
 
それは、不安を無くそう不安な気持ちはよくないものだと考えるからです。
ここではっきりさせること、それは
不安になることと、不安な気持ちが苦しいと思うことは全く別のものということです。
別に不安なままでもいいのです。
人は、大なり小なりいろいろな悩みや問題を抱えているものです。
それでもほとんどの人はそれなりに生活しています。
夢に向かって進んでいる者、おだやかに幸せを感じている者、愛する人がいる、楽しい趣味がある…  そう、不安なままでもみんな幸せに楽しく過ごしています。
 
悩んでしまうのは、生真面目なせい、完璧主義、向上心が高いから…
どちらにしろ、深刻に考えなくても大丈夫そうです。なぜなら
ありのままでいい  からです。
 
“完璧主義” …というけれど、本当は人生はそのままありのままで “カンペキ” だということです。
つい苦しいから、悩んでしまうから、何とかならないのか…何とかしないと…と考えてしまいますが、答えはすでに出ています。
 
何もしなくていいんだ。
不安なままでもいいんだ。
 
不安を感じて苦しくなっても、それがありのままの自分。
克服する必要なんてないんです。
変えなければならない自分なんていないんです。
全てはそのままでいいんです。
 
おまけ
“完璧主義” という言葉の新しい解釈!
人生はそのままで “完璧”
   考えることにする“主義” ってのはどう?
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの人生がすばらしいものでありますように。