読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

自分の価値基準を持つ

f:id:nonkini:20170423102127j:image

 

 春は変化の時期です。

 会社組織では、大きな人事異動があったりします。

 

そういう時期が近付づくと、他人に対してのいろいろな噂や憶測が飛び交います。

辞令が出たら出たで、またその話題で盛り上がります。

それでもいい噂ならまだいいのですが、悪い噂なら要注意です。

真実もありますが、個人的な感情だったり、単なる好き嫌いだったりもします。

第一印象が良くない人や、もともと合わない人の悪い話を聞くと

「やっぱりそうか…」と、その人のことよく知らないのに、勝手な悪いレッテルを貼ってしまいます。

 

ほんの少しの情報(悪い噂)で人を評価判断することは、本当に恐ろしいことです。

全く、害にしかなりません。心の中にマイナスのエネルギーを発生させるだけです。

そんなものに振り回されないように。

ましてや自分から悪い噂(悪いエネルギー)を広めないように。

悪口は言わす、いいことだけを言うようにしましょう。

人の悪口で盛り上がっても、本心は気持ち悪いはずです。

 

 

他人の判断ではなく、自分の価値基準を持つこと。

自分の中で「許せないもの」も当然あるでしょう。

それはそれでいい。しかし、他人はどうのこうの言うが、自分はどう感じているのか…ということを大切にすること。

特に悪いことに関しては。

その人を悪く見ると、本当にとんでもないやつに見えてきます。

逆に、いいひとだと思っていたり良い所を探そうとすると、必ず見えてきます。

別にいいひとぶってカッコつけろと言ってるわけでありません。

「いろいろな見方がある」ということに気づけ、ということです。

物事はすべてニュートラルです。いいか悪いかは見方次第、どちらにも転びます。

判断するのは後でいい。あまのじゃくでもいい。

「いや、ちょっと待てよ…」と

他人に簡単に同調するのをやめ、自分の価値基準を考えてみるだけでも、世界は違って見えてきます。直感も磨かれてきます。

 

これって、綺麗事ですか?

そう綺麗事です。

みんなで他人の悪口言ったり、偉そうに判断を下してる自分を、離れた所から見てみるがいい…。

なんて汚く見えるか…。

 

最後までお読み頂きありがとうございます(^_^)

それもまたよし!あまのじゃく!