読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

『PK』これぞ映画!これぞエンターテイメント!


映画『PK』日本版予告

 

インド映画の、“懐の深さ”を改めて思い知らされた!

「PK」とは、酔っ払いの意味らしい。

アーミル・カーン演じる主人公が、酔っ払いのようなトンチンカンな質問をして、神様を探す旅に出る…。

「おまえ、PK(酔っ払い)か⁈」と言われることから、「PK」と呼ばれるようになる。

これだけ書くと、なんか全然つまらなそうな話だが… とんでもない!

実はSFでもあり、ラブストーリーでもあり、笑いあり、感動あり… 

とてもとても書き切れない!

 

できるだけ、ネタバレしないように個人的感想を書きます。

 

とにかくこの映画は長い! 2時間33分あります。

途中「インターバル」という字幕が出てきて、「えっ⁈まだ半分?」

前半でもかなりのボリュームなのに…。

「そりゃそうだろう。まだ何も解決してないよ。どうなるんだろう…?」

と思っていたら、後半はすごい勢いでストーリーが流れていく。

前半での伏線もしっかり解決されて「あーやられた!」

と思わず叫んでしまうほど!

こんなに長いのに、最後は心を鷲づかみにされ、泣かされてしまう。

とんでもない映画だ!

しかも、おなかいっぱになるのに、全然苦しくなく

本当にいい気分にさせてくれる。

 

宗教ネタを扱ってるのに、日本人も受け入れやすいのは、

明るくてカラフルで無邪気な「PK」目線のせい。

子供のような純粋な気持ちで世界を見ることができる。

 

社会問題、国際情勢、いろいろな人、いろいろな国の思惑… 

解決策なんて、あるんだろうか?

平和や幸福への道なんて、本当にあるんだろうか?

問題を発生させた人間が、考えて考えて…

解決策なんて見つけられるのだろうか?

それよりも、無邪気にこの世界を見て、不思議がって、おもしろがって、

楽しむことが大切なのかもしれない。「PK」に気づかされた!

 

と言っても、全然重い映画じゃやないですよ!

これぞ映画! これぞ至極のエンターテイメントです!

 

 

世界が本当に必要なもの、

人間が求め、目指さなければならないものは、このインド映画のような

“懐の深さ” なのかもしれません。

口で言うのも、言葉にするのも、あまりにも簡単なことです。

でも真剣に求めるほどの価値はあります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^_^)

 インド映画はクセになる!

それもまたよし! 

 

f:id:nonkini:20170417190603p:image