読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

「人には優しく、自分にはもっと優しく」

 これは、あるバイク雑誌のライターさんの言葉です。
20代の頃からの私の座右の銘です。
 
「人には優しく、自分には厳しく」はよく聞きますが、人に優しい人は本当は自分にも優しいのです。
自分を許容しているから、認めているから、人にも優しくなれるのです。
実際のところ、自分に厳しい人は人にも厳しいものです。
 
“厳しい” というのは寛容でないということ。
寛容でないとは、人のことを認めない許さないということ。
それは執着であり、“とらわれのない心” から程遠いものです。

“自分に厳しい” なんて、いい言葉のように聞こえますが、実際は単に自分の好きなようにしているだけ。
厳しいのが好き、苦しんでる自分が好き、ただそれだけです。

「厳しくならないといけない…」なんて、ゆめゆめ思わないことです。
人に対してそれは、価値観の押しつけでしかありません。自分勝手なだけです。
だから、他人からの “厳しさ” なんて無視すればいいのです。

昔、引っ越し業者のローカルCMがありました。
幼稚園児の女の子が言います。

「きりんさんが好きです。でも、ぞうさんのほうが もっと 好きです。」


この女の子のようにかわいく言ってみましょう。
「人には優しく、自分には もーっと 優しく。」

 

今の世の中、これくらいで調度いい!

最後までお読み頂きありがとうございます🍀

f:id:nonkini:20161210125427j:image