読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

“わくわくすること”について…ゆる~く考えてみた

f:id:nonkini:20161008224146j:image

 

「自分が “わくわくすること” をすればいい」なんて話よく聞きますね。


しかし、改まって「よし、わくわくすることやるぞ!」と決心しても、結局考えるだけで、なかなか新しいことなんて始めることはできず、悶々と同じ思考を繰り返すだけです。
なんかちょっと違うよな…と昔から感じていて、自分なりにいろいろ考えてきました。

最近、それを思い出すことがありました。

 

先月、大学生の息子がヨーロッパ旅行に行って来たのですが、そこで出会ったドイツ人との話です。

「こうやってヨーロッパに来て、いろいろな体験ができて本当に幸せだ。」
と息子が話したところ、
「何か特別なことやったから幸せと考えることはない。普段やっていることは全てわくわくすること。悲しい出来事なんかは特別なことと思うけど、毎日楽しいと思って過ごすのは当たり前のこと。」
と言われたらしい。

彼は、“人生は楽しいもの”と基本的に考えているのでしょう。
この辺は、東洋の仏教的思想とはやはり違うみたいです。

どちらが正しいということはないですが、どうせなら楽しい方がいいに決まってます。

そのためには、どんな小さなことでも “楽しい” という気持ちになることを人生に散りばめるのです。

今日は何食べよう? どこ行こう? 誰と会う? ファッションや雑貨、本でも映画でもテレビドラマでも…わくわくする予定はどんどん入れていけばいい。

大きな夢が持てなくても、小さな夢をいっぱい実現していけばいい…

 

そうやって、若い頃から考えてたよなぁ… と改めて思い出しました。

 

 

「 例えば、嫌な仕事を “楽しい” と思うことなんてなかなか難しい。

だったら、少しづつでも気分が変わる方法・アイテムを探してみよう。

同僚と楽しくバカ話することでもいいし、ただただおもしろい出来事を探すだけでもいい。

笑える瞬間があれば、後で誰かに話すつもりで楽しもう。

もし、「転職しかない‼」と心の底から思うのなら、落ち着いて考えること。

世間体や誰かが言うから…なんて考えてないだろうか?

本当に自分はどう感じているのか…?

そう自問するだけでいい。

 どんな時でも “わくわくすること” “おもしろいこと” を探す、実行するというのが大前提である。

まず、わくわくする予定をいっぱい散りばめること。

どんなささいなことでもいい。とにかく楽しい、やりたいと思うこと、しょうむないことでも、それをやり続けること。

価値が無いとか、無意味だとか、そんなの一切関係ない。

基準になるのは他人の意見じゃない、自分自身がわくわくすることだ!

深く考えないこと。

ネガティブに考えるクセがついているのなら、まずは考えないこと。

  ほんとにこんなんでいいの…? と、やっぱりネガティブに考えてるだろ‼

だから考えないようにするのだ‼ 」

 

ちょっと熱くなってしまいました(笑)。

 

当の息子はカルチャーショックを受け、「これから、もっと世界を見る‼」と英語の猛勉強を始めています。

そういう息子に、自分がわくわくさせてもらっています(笑)。

 

 最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの人生がすばらしいものになりますように🍀