読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

“とらわれのない状態” とは

f:id:nonkini:20160528222400j:image
目標を達成するためには、逆に意識せずリラックスした方がうまくいく場合があるという。
そう  “とらわれのない状態” になることである。
そんな “とらわれのない状態” とは…

毎年恒例の会社の健康診断でのこと。
久しぶりに会った先輩Aさんが言った。
A「ちゃんと(検便!)持ってきてんの? 自分、まじめやなぁ〜。俺、持ってきたことないで。」
私「え?ハハハ。(いや、普通持ってくるやろ⁈  毎年のことやし…!)」
受付の人に問診票を問われて、
A「そんなん、もらってへんよ。」
私「…(いや!そんなわけない!一ヶ月前には検便キットと一緒に渡されてるはず!)」

彼はその場で問診票に記入し、普通に診断を受けていた。
その時は「なんて人なんだ⁈」と驚いたが、後になって「ちゃんと持って来るのが当たり前だろ‼︎」と反応することが、自分の頭が凝り固まってるのかも…なんて思ってしまった。

そりゃ、検便やった方がいいに決まってるが、もしやらなくても大した問題じゃない。
大きな病気がそれで見つかるかどうかなんて、運みたいなもの。
ちゃんと健診してても病気にはなるし、手遅れかどうかも運だ。
「早く見つかってよかった!」
「あの時、ちゃんと健康診断しておけば…」
どちらも結果論でしかない。
気にしない人は、やっばりどこまでいっても気にならないだろう。
気になるなら、気の済むようにやるしかない。だからって自分の思い通りの結果になるとは限らない。
ということは、やっぱり気にしない方がいいということか。

そのAさん、別に不真面目な人ではない。
確かに、おおらかな性格ではあるが、支店の責任者をしてたこともあるし、毎年市民マラソンに子供と一緒に出たり、会社の行事にもよく顔を出している。
いつ見ても、どこか飄々としていて、あまり細かいことは気にしない性格みたいだ。
まさしく、“小さいことにとらわれない心” の持ち主なのは間違いない。

“目標を達成する” ということから、かなり離てしまった?(苦笑)

“とらわれのない状態” とは “執着しない” ということ。
さらに言えば、“目標を達成できるかどうかまったく気にしていない状態”

確かにAさんのようであれば、“目標” 自体が気にならないだろう。
やりたいように楽しく過ごす…

しかし!実はそうじゃなかった!
違う事業所だから忘れてたが、
Aさんは営業成績も常に支店トップクラス!
社内では “A(名前)マジック!” といわれていたんだ!
なぜなら、とても “やり手” の営業マンには見えないからだ!

残念ながら、今の自分にはこれを解明するほどの考察力はない。
ただ言えるのは、
本当の“とらわれのない状態” になれば、目標を達成してもしなくても、達成した時と同じくらい幸せな気分でいられるだろう
ということだ。
飄々としていられるということだ。

人間って本当に奥が深いなぁと思う。

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの人生がすばらしいものでありますように🍀