読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

人生で覚えておくべき、たったひとつのこと

それは、人はそれぞれ感じ方考え方が違う
ということ。

誰もが自分は正しいと思っています。
だから自分と違う意見の人と出会った時、動揺したり批判したくなったりするものです。
特に自己肯定感の低い人は、相手を批判し自分より下に見ることによって、承認欲求を満たそうとします。

そういう自分も人のことは言えません。
人と比較して劣等感を抱いた時、「あいつのこんなとこ、ダメじゃないか…」なんて考えたりします。
もともと気に入らない奴だったりはするんだけど、その時の感情はやっぱりいいものではありません。
自分は自分、ひと(他人)はひと。と思えたらいいのですが…。

持って生まれた性格、生い立ち、環境や立場によって感じ方考え方はが違って当然です。
“あうん”の呼吸を大事にするこの国だからこそ、なおさら価値観の違いに過剰に反応してしまうのかもしれません。

批判するのは簡単です。
違うと分かった瞬間に「何だ、このやろう!」と反応すればいいだけ。

しかし、批判しないのは難しい。
すぐに反応しないためには、まず心の安定が必要です。
忙しかったりイライラしてたら何に対してもムカつきます。
先入観も過剰反応に拍車をかけるでしょう。
嫌いなやつに気にしてる事言われたら「なに〜⁈」と思います。
経験値も必要です。
いろいろな人や価値観に接する事によって客観的に考えることができます。
経験値を上げることによって先入観も少なくなるでしょう。

要は、正しいか正しくないかの判断をしないことです。先ほど書いたように、環境や立場によって考え方は変わります。価値基準も違ってくるかもしれません。
違いを理解して、冷静にその時のベストな判断
をすればそれでいいのです。


実は、他人の言動にいちばんグラグラしてるのは私自身なのかもしれませんね(笑)
文章もグラグラしてるなぁ〜
気にしない気にしない(笑)
“人と違って当たり前!”

これからも、おもしろおかしく生きていきます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの人生がすばらしいものでありますように。