読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

いじめアンケートについて思ったこと

金沢市教委のいじめアンケートについての記事。

大雑把に書くと、「いじめられる人も悪いところがあると思う」が約3割、「思わない」が約3割、残りが「分からない」。

一方、「いじめはどんな理由があっても絶対にいけないと思う」が約9割だそうです。

このアンケートにどこまで信憑性があるか分かりませんが、予想通りの結果でしょう。

 

論じる前に自分はどこに属するか考えてみたのですが、まず設問がおかしい。

「悪いところがある」なんて… どっちが「悪い」という問題ではないのです。

いじめが発生した原因は「いじめた」から。ただそれだけです。

誰にだって、馬の合わないヤツ、気に入らないヤツがいるでしょう。

また、周りに不快感を与えるような人もいるでしょう。

だからって、いじめていいわけではありません。

 「いじめはどんな理由があっても絶対にいけないと思う」が約9割

誰もがいけないと思っています。しかし

 残念ながら、いじめは完全には無くなりません。

なぜなら、自己防衛本能があるからです。

自分がいじめられる前に誰かをいじめる… そんなことは普通にあります。

いじめそのものに快感を覚える人間がいるのも事実です。

 

このアンケートも悪い言い方をすれば、
教育委員会のただのパフォーマンスみたいなものです。

それを踏まえて、自分はどう考えるのか、子供達にどう教えていくのか…。

 

まず、「いじめたい人」はさっさとこれを閉じてどっか行ってください。

 そうじゃない人、一緒に考えましょう。

 

一番大事なことは

自分の身は自分で守る ということです。

そのためには   自分で考えること

 

親、先生、友達… 誰かにアドバイスを貰うことは大切です。

しかし鵜呑みにしないこと。

医者のセカンドオピニオンと同じです。

そして、いろいろな考え方に触れること。

当然、読書や漫画でもいい。映画やドラマでも、できるだけ良質なものを観るようにすること。

 

努力・根性・忍耐 !? そんなもん要りません!

 

努力? 好きなことなら努力は要らない

根性? 得手不得手がある、自分に合ったやり方で

忍耐? 誰のため?我慢は自分のために

 

万が一、いじめを感じたら

一目散に 逃げること 自分のために。

戦える人は戦えばいい。「やめろ!」と叫べばいい

できない人は逃げたらいいのです。

「どう思われるか」「迷惑がかかるから」そう思うかも知れない。

しかし、もし我慢して心が壊れてしまったら手遅れなんです。

その前に逃げること。

熱中症と同じです。

気がついたら倒れていた!じゃ手遅れなんです。

 

いじめは受けている人にしか分からないこともあります。

本当の悪人は、巧妙です。周りに分からないように見えない所でいじめるのです。

 

まとめ

これはいじめに限らず、子どもでも大人でも同じです。

「自分に正直に」

「人の目、評価を気にしない」

「我慢しない、するなら自分のために」

「人の言うことを鵜呑みにしない、自分で考える」

「手遅れになる前に、逃げてもいい」

生きていれば、何度でもやり直せます。

そして、もっと寛容な世の中を作ることを目指しましょう。

まずは、心構えから…。

 

 最後までお読み頂きありがとうございます。

逃げたって構わないよ! 

それもまたよし!

 

「子は親を映す鏡」

f:id:nonkini:20170112224251j:image

「子どもが勉強しない」

子を持つ親のよくある悩みです。

 

最近、ある塾経営者が書かれた記事を読みました。 

いろいろいいことが書いてありました。

やる気は強制された言葉からは出てこない

親が言うなら「勉強しなさい」はダメ

「やるべきことをやりなさい(道徳的倫理的に)」

人としてあるべき行いは、親から言われても受け入れやすい 

そうは言っても、なかなか積極的に勉強するようにはなりません。

そこで、二つの方法を提案していました。

  • 「子ども手帳」ー やるべきことを書いて終えたら赤ペンで消す
  • やるたび「ポイント」ー モチベーションを引き出すために「ポイント化」 結果ではなくプロセスに着目 幼稚園で毎日もらったシールと同じ

確実に効果があり、これまでデメリットは報告されていないそうです。

 

確かにいい方法だなと思いました。

しかし!

私が思うに、これは親がやることではありません。

短期間で成果を出さないといけない塾の講師なら、こういうやり方もありでしょう。

でも親は違います。最終目標は、子どもを自立させることです。

新しい水族館、オープンまでにアシカに餌で芸を覚えさせる… ようなこととは違うのです。

 

学校の成績はいいにこしたことはありません。

しかし、テクニックで子どもを操ろうとする、そういう精神が怖いのです。

子どもに与える影響が怖いのです。

結局、それは成果主義です。そこに人間の尊厳を守るという精神はありません。

単なる親の自己満足、自分勝手な行動です。

子どもも別の人格を持っています。なのに、自分の思い通りにできると考えている

…そういう親に育てられた人間が他人をリスペクトするようになるでしょうか。

 

いくつになっても、子どものことは心配です。それは間違いない。

あれこれ考え、いろいろ口出ししたくなります。

でも、そこはぐっと堪えること。ドンと構えること。堂々とすること。

あたふたしないこと。親の不安定は子どもに移ります。

信じましょう。大丈夫できる!と信じてあげましょう。見守ってあげましょう。

 

どういう人間になってほしいか…。

小細工して操ろうとするのではなく、まず親自身がそういう人間になりましょう。

勉強する子にしたいなら、自分が勉強している姿を見せましょう。

心優しい子にしたいなら、自分がまわりに優しくしましょう。

みんなから好かれる子にしたいなら、自分がまわりの人に感謝し好きになりましょう。悪口を言わないようにしましょう。

「子は親を映す鏡」と言います。

見えている形・姿は、やっぱり自分自身なのかもしれません。

 

偉そうなこと書きましたが、私の場合はほったらかし過ぎで妻によく怒られています(笑)

もっとちゃんと見守ります(>_<)

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

思い通りにならなくても… それもまたよし!

「誰が言ったかではなく、心に響いたかどうか」

f:id:nonkini:20170105235931j:image

本ブログ「それもまたよし!」を始めて、一年が経ちました。
今まで読んでくださった方々、本当にありがとうございます。
そして、これからもどうぞよろしくお願いします。

 

今回は、題名「それもまたよし!」の由来について書いてみます。
大した話じゃないですが…。

二十代の頃バイト先で、いつものように友人と無駄話をしていた時のことです。
その時私は、何か腹の立つことがあったらしく、愚痴をこぼしていました。
だんだん熱くなってきた私に、その友人が言ったのがこの言葉でした。
いつも冗談やギャグばかり言ってるヤツだったので、 ただの思いつきで言ったのでしょう。
熱く語ってる私に、変な顔(悟ったお坊さん?)で「それもまたよし!」と…。
思わず吹き出してしまいました。
たぶん誰かへの不満を言っていたのだと思いますが、全部吹き飛んでしまいました。
あまりのタイミングの良さとおもしろさにその後忘れられず、
気がつけば私のお気に入りワードになっていました。

ね、やっぱり大した話じゃないでしょう(笑)。

 

自称 “格言コレクター(?)” の私から見れば、
こんな風に小さな “お宝” はいくらでも転がっています。

 

実は昨年、妻の祖母が100歳で亡くなったのですが、

彼女の口癖が「負けて勝つ」でした。
先に亡くなっていた夫は、頑固な公務員。その夫を支え、子供達を育て、
激動の昭和を生き抜いてきた彼女だからこそ言える深い言葉です。
ここで言葉の意味を解説するなんて野暮な話です。
各々が自分なりに納得すればいいのです。

たとえ短い言葉であっても、聞いた者の心に響けば、それこそが本物の格言です。
そう、格言は誰が言ったか…偉人や成功者が言ったから…ではなく、心に響いたかどうかが大事なのです。 
そういう意味では、言葉との出会いも一期一会です。
その時、そのタイミングで聞いたから、一生忘れられなくなった… 
誰にでもあるかもしれません。

もう一度、
重要なのは、「誰が言ったかではなく、心に響いたかどうか」です。
そういう心構えで、みなさんも “お宝” を探してみましょう!(笑)

最後までお読み頂きありがとうございます。
人生何があっても、それもまたよし!

“ない”を、すべて“ある”へ!

f:id:nonkini:20161219004509j:image

時間がない、お金がない、才能がない… 
“ない”と思えば確かにないように見えます。
でも逆に、“ある”と思えばあるように見えてきます。

実は、誰もが世界を自分の見たい様に見ているのです。

「人生はつらいもの」思っている人には世界はそう見えるし、
「人生、楽しい!」って人には、やっぱり目の前に楽しいことが広がるのです。
 
これってすごく単純なことです。
もっと言うなら、気分次第で世の中の見え方は簡単に変わります。

ということは、幸せな気分になるのってものすごく簡単なことだと思いませんか?

楽観主義とか悲観主義とか… そんな難しい話じゃないです。

ただ、“ない”と思えば“ないように”見え、
“ある”と思えば“あるように”見える
それだけのことです。

例えば、仕事が多すぎてパニックになりそうな時、時間に追われている時など、
「時間がない」から「ある」へシフトしてみたら?

落ち着いてまわりが見れる
優先順位を考え処理できる
あわてないのでミスを犯しにくい
いい気分でいられる

実際にはこれで時間が伸びるわけではないし、100パーセントできるわけではありません。
でも、それでいいんです。
あわてて、とりかえしのつかない失敗をするよりよっぽどマシです。

人生で大切なことはとてもシンプル。
いい気分でいることです。

いい気分でいると、いい考えが浮かびます。
できないことも、できるようになるかもしれません。
また、できなくても気にならないでしょう。
ずっと、幸せな気分でいられるということです。

根拠なんて全くなくていいんです。
一度、“ない”をすべて“ある”と考えてみては?
少しでも気分が落ち着いたらしめたもの。
どんどん気分良くなりましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

あなたの人生が素晴らしいものになりますように🍀

「人には優しく、自分にはもっと優しく」

 これは、あるバイク雑誌のライターさんの言葉です。
20代の頃からの私の座右の銘です。
 
「人には優しく、自分には厳しく」はよく聞きますが、人に優しい人は本当は自分にも優しいのです。
自分を許容しているから、認めているから、人にも優しくなれるのです。
実際のところ、自分に厳しい人は人にも厳しいものです。
 
“厳しい” というのは寛容でないということ。
寛容でないとは、人のことを認めない許さないということ。
それは執着であり、“とらわれのない心” から程遠いものです。

“自分に厳しい” なんて、いい言葉のように聞こえますが、実際は単に自分の好きなようにしているだけ。
厳しいのが好き、苦しんでる自分が好き、ただそれだけです。

「厳しくならないといけない…」なんて、ゆめゆめ思わないことです。
人に対してそれは、価値観の押しつけでしかありません。自分勝手なだけです。
だから、他人からの “厳しさ” なんて無視すればいいのです。

昔、引っ越し業者のローカルCMがありました。
幼稚園児の女の子が言います。

「きりんさんが好きです。でも、ぞうさんのほうが もっと 好きです。」


この女の子のようにかわいく言ってみましょう。
「人には優しく、自分には もーっと 優しく。」

 

今の世の中、これくらいで調度いい!

最後までお読み頂きありがとうございます🍀

f:id:nonkini:20161210125427j:image

 

“いいひと”なんてやめたら?

f:id:nonkini:20161127224232j:image

あなたはまわりから “いいひと” だなんて言われていませんか?

温厚で物静か、頼りがいがある… 
それはすごくいいことですが、言いたいこと言わずに、やりたいことやらずに我慢してないですか? しんどくないですか?
自分に素直に生きてますか?
人の目ばかり気にしてませんか?

もし、心のどこかで「こんなはずじゃ… 」と考えていたり、違和感を感じて苦しくなっているのなら、
もう “いいひと”  なんてやめてみたら?

もっとわがままになってみたら?
自分勝手に振る舞ってみたら?

「いやいや、そんなことできない!」
「そんなことしたら大変なことになる!」
とまじめなあなたは思うでしょう。
今までのように我慢してたら、しんどいけど安全です。
このままなら、この先も予想がつきます。

いや予想がつくと思い込んでるだけです。

あなたは “いいひと” になって我慢して、しんどくなることに麻痺しているのかもしれません。

快感すら覚えているかもしれません。

「そんなことは無い!私だって好きなように生きたい!!」

だったら、心のスイッチを入れ替えるのは、今です!

「何か大きな出来事や、納得させるようなキッカケが必要だ。」
なんて思っていませんか?

そんなもの何も必要ないです。
自分がそう決めればいいだけです。
自分で、

「いいひとなんか やーめた!」
と、宣言すればいいだけです。

 

ここで人生の秘密をひとつ言いましょう。

本当は、みんな自分のやりたいことをやっているのです。幸せな人も、そうでない人も。
全ての行動は、自分自身の意志で決断しています。

そして、幸せに生きている人は、実は

 “好きなことしか” やっていません!
それに対して幸せに生きていない人は、やりたくないことを嫌々やっているのです。
そして、憂鬱になることを選んでいるのです。

だから、もう

「やりたくないことは、やらない!」と決めるのです。

「やっておいたほうがいいこと」
「やらなければいけないと思っていること」
「世間が言うから、常識だから」
そういうものでも、「自分がやりたくない」と思うことは、極力やめていきましょう。

やらなくても、大したことにはなりません。 

  “大丈夫” です。

「大丈夫じゃない!」「無責任だ!」と言ってくる人、怒ってくる人は
自分が困るから言ってくるのです。

別に、わざわざ悪いことをするというわけではありません。
「嫌なことは、やらない。」と心に決めて、堂々としていればいいのです。

“いいひと”やめる宣言をしたからって、急にまわりが変わるわけではありません。
それは心の中のフィーリングの問題です。

今まで苦しかったことが「別にやってもやらなくてもいいんだ!」と思うだけで、気持ちが楽になります。

“いいひと” なんて “どうでもいいひと” と同じ。
それくらい意味のない他人からの評価だということです。

“いいひと” なんてやめて、自分に素直に生きましょう。自分の人生です!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの人生がすばらしいものになりますように🍀

 

人生で大事な二つの言葉とは?

f:id:nonkini:20161121110746j:image

極めてシンプルで、それでいて効果のある言葉って何だろう…?
って考えた時、真っ先に浮かんだ言葉…

それは “ありがとう” です。

実はこれは、私の妻がよく口にする言葉なのです。

結婚して一緒に生活するようになって驚いたことは、妻が本当によく“ありがとう”って言うことでした。
それは徹底していて、子供達にもしっかり“ありがとう”が言えるようにしつけていました。
正直、家族に対してまで“ありがとう”なんてあまり言い慣れていなかった私にはすごく新鮮でした。
今では、まるであいさつのように自然に言えるようになっています。

そのおかげかどうか分かりませんが、反抗期にいろいろあった長男も今は成人して落ち着き、「ほんと感謝してる!」とよく言ってくれます。
いろいろな人に助けられながらもしっかり自分の道を歩いていて、親としては一安心です。


小林正観さんの「ありがとうの神様」は有名な著書ですが、確かに“ありがとう”にはすごいパワーがありそうです。

言われたほうは気持ちいいし、言うほうもこれは心が落ち着いていないと出ない言葉です。
怒りながら「ありがとう」は言えません。
怒りを溶かす力があるのかも知れません。

あいさつと同じように、家族でも言うようになれば、家の外に出てもしっかり言えるはずです。
家族以外の相手なら気も使うし、ありがとうって言いやすいでしょう。
また、利害や立場が上の人に対してなら、一生懸命言うかも知れません。
でもそうじゃなく、上下に関係なく言うことに秘訣があるのです。
信頼関係を作るのに、こんなにシンプルで効果的な方法は他にはありません。

まずは家族で“ありがとう”を言う習慣を作りましょう。子供にはちゃんと言わせましょう。

この“ありがとう”は基本的には自分以外の人に向かって言う言葉です。
では自分自身に対しては?

 

それは “大丈夫” です。

昔から心配性の私は、これを心の中で唱えて何とか生きてきました。
と言うのは少々大げさですが…(笑)

誰でも不安や恐怖を感じることはあります。
しかし、無意識にですが大丈夫と感じて生きてきたはずです。
だから、しっかり意識するのです。
自分に対して言うのです。

個人的には、昔の特撮番組『仮面の忍者赤影』の中で子役の青影が
「だいじょーぶ!」と言う決めポーズ、それをいつも思い出してます。
(古すぎ…? 今では志村けんかな… それももう古い?)

過去の失敗… でも大丈夫
未来への不安… でも大丈夫
今目の前の出来事が想定外であっても… 大丈夫、何とかなる。
もうあかん!という時もあったが、今まで何とかなってきた。
今ここにいる。だから大丈夫

水が高い所から低い所へ流れるように、自然になるべき形になっていくものです。
どんなことが起こっても、なった結果が正しいのです。
じたばたせずに、「大丈夫!」って自分に言ってあげましょう。

“ありがとう” 
を口ぐせに、そして心の中では 
“大丈夫、大丈夫”
そう唱えていれば、何があっても… まあ大丈夫でしょう。


最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの人生がすばらしいものになりますように🍀