読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それもまたよし!

思いつくまま 気の向くまま のんきに綴ります

人間関係について…出会いについて… ある日の日記より…

f:id:nonkini:20170521115612j:image

ひとつの考え方だが、仕事はどれだけ人を集められるかということが大事だ。

職種にもよるが、どんな場合にも人との関わりが必要になってくる。

たとえ、全ての人に好かれなくても、人を集めたり、うまく使うことができれば、仕事ができることになる。

自分ができないことは、誰かにやってもらう…そういう人を集めれば仕事はまわる。

人を操るのも才能だ。

何かを創作できなくても、創作できる人間を集めたらいい。それができれば成り立つ。

逆に、創作できる才能があっても、それをうまく使ってくれる人がいなければ、誰の目にも触れず消えていくこともあるだろう。

 

“才能” というと「ある、ない」という優劣の意識が浮かんでくるが、そうじゃなく

“ニーズ” という考え方にしてはどうか。

「需要と供給」だ。

優劣じゃなく、多様性の中で、必要な所に必要とされる人が当てはまる… 理想な形だ。

適材適所とも言う。幸せの形であるとも言える。

そういう意味では “出会い” というのは、大切なものだ。

人間関係が、幸せを導くひとつの鍵となる。

そのためには、自分で動いてもいいし、ただ待つということでもいいだろう。

できることなら、自分の適材適所を探しながら、他人のそれにも貢献できればいい。

「僕、食べるひと。私、作るひと。」

みたいに分けることはない。

それに、人間関係が苦手でも、出会いはそれなりにあるものだ。

人間関係が得意といっても、そんなものはピンキリ。劣等意識を持つ必要はない。

「誰とでも仲良くなれます!」

「人づきあいが苦手です。」

まず、この考えに優劣を抱くことをやめないと、真実を見極めることはできない。

 

出会いというものは、見えない力が働く “ミラクル” のようなものだ。

“自然の法則” の中にあり、ある出会いが光を放つものになるのは、人間の力によるものではない。

そう考えて何か作為したところで、本当の光を放つようになるとは限らない。

それはやっぱり “ミラクル” 。

出会いが多い、人づきあいが得意だと、“ミラクル” が起こりやすいかというと、そうとも限らない。

それは人間には予測できないことだ。

だから、人間関係うんぬんより、得意不得意を論じるより、

「人との出会いはすばらしいもの」

という意識を持つだけでいい。

より多く出会えばいい…とか、確率論的思考は手放そう。

それは結局、優劣思考に基づいている。

「出会いは多いほうがいい」は

「人づきあい苦手は、不利、劣っている」

という考え方だ。

それは無しにしよう。

 

「今までのすばらしい出会いに感謝し、これからも大切にしよう。」

そう思うだけでいい。

数ではない、比べるものでもない。

感謝し、またすばらしい出会いがあるだろう… 

と、わくわくしながら生きていければいい。

 

 

取り留めのない日記でした。

最後までお読み頂きありがとうございます(^_^)

俺、友達いないけど… それもまたよし!

幸せの定義

f:id:nonkini:20170506164036j:image

 ある程度の年齢を重ねると思うことがあります。

 

「私の人生、このままでいいのだろうか?

この先どうなっていくんだろう…?」

しっかり将来の計画を立てている人、それはそれでいい。

しかし、目の前の事を何とかこなして、不器用に、必死で生きてきた者にとって、ふと立ち止まって振り返り、そして将来を考えると、怖くなってくることがあります。

 

「いくつもの夢をあきらめてきた。

平凡ではあるが、いろいろな物を手に入れ、それなりに幸せな人生だった。

これから先はどうだろう?

もう先が見えてしまって、若い頃のようなわくわくする気持ちも、湧いてこない… 

絶望とまではいかないが、あきらめと不安と寂しさを感じる。」

 

こんなふうに、いったん負のスパイラルに入ってしまったら、なかなか抜け出せないもの。

不安材料はいくらでも思いつくようになります。

 

そこで考えてみた。

 

幸せな人生とは、幸せの定義とは?

 

欲しい物を手に入れること?

人に恵まれること?

お金持ちになること?

健康であること?

孤独じゃないこと?

 

それらはすべて、目に見えるもの。

でも、本当の幸せとは、見えないものなんです。

幸せの正体とは、実はフィーリング(気分)なんです。

「持っている、持ってない」や、周りの環境なんかに関係なく

「あ、楽しいな~幸せだな~。」

と感じることが、幸せそのものなんです。

 

気分が落ち込んでる時は、そんなふうにはなかなか思えないでしょう。

だから、本当に小さなことでいい、つまらないことでいい… 

「今度、あのラーメン屋行こう。あの映画、観に行こう。あのお店寄っていこう… 」とか…

楽しみにしてるテレビドラマでもいい、友達とのおしゃべりでもいい、ちょっとしたオシャレでもいい。

少なくとも嫌じゃないこと、ちょっとでも楽しみにしてること、やっていこう。

本当にに、つまらない小さなことでいい。

その時に感じるフィーリング、幸せ感、たとえ小さなものでも、その積み重ねが

幸せな人生を作り出すのです。

小さな幸せをいっぱい集めましょう。

 

幸せとは、気分です。

 

気分を作り出すのに人それぞれのクセがあります。

“小さな幸せ”を感じるクセをつけましょう。

 

これを読んで「ふん!」と思った人、

それもクセです。

何でもかんでも否定するクセ、持ってないですか?

 

人の話聞いて共感したら、「いいね!」

違う意見なら、「そう来たか!おもしろい!」

全く理解できなかったら、「なんで?なんで?」と不思議がってみたらいい。

小さな、おもしろい!楽しい!幸せ!

いくらでも転がっていますよ!

そんなふうにできれば、幸せな人生、間違いなし!

それもまたよし!

 

最後までお読み頂きありがとうございます(^_^)

自分の価値基準を持つ

f:id:nonkini:20170423102127j:image

 

 春は変化の時期です。

 会社組織では、大きな人事異動があったりします。

 

そういう時期が近付づくと、他人に対してのいろいろな噂や憶測が飛び交います。

辞令が出たら出たで、またその話題で盛り上がります。

それでもいい噂ならまだいいのですが、悪い噂なら要注意です。

真実もありますが、個人的な感情だったり、単なる好き嫌いだったりもします。

第一印象が良くない人や、もともと合わない人の悪い話を聞くと

「やっぱりそうか…」と、その人のことよく知らないのに、勝手な悪いレッテルを貼ってしまいます。

 

ほんの少しの情報(悪い噂)で人を評価判断することは、本当に恐ろしいことです。

全く、害にしかなりません。心の中にマイナスのエネルギーを発生させるだけです。

そんなものに振り回されないように。

ましてや自分から悪い噂(悪いエネルギー)を広めないように。

悪口は言わす、いいことだけを言うようにしましょう。

人の悪口で盛り上がっても、本心は気持ち悪いはずです。

 

 

他人の判断ではなく、自分の価値基準を持つこと。

自分の中で「許せないもの」も当然あるでしょう。

それはそれでいい。しかし、他人はどうのこうの言うが、自分はどう感じているのか…ということを大切にすること。

特に悪いことに関しては。

その人を悪く見ると、本当にとんでもないやつに見えてきます。

逆に、いいひとだと思っていたり良い所を探そうとすると、必ず見えてきます。

別にいいひとぶってカッコつけろと言ってるわけでありません。

「いろいろな見方がある」ということに気づけ、ということです。

物事はすべてニュートラルです。いいか悪いかは見方次第、どちらにも転びます。

判断するのは後でいい。あまのじゃくでもいい。

「いや、ちょっと待てよ…」と

他人に簡単に同調するのをやめ、自分の価値基準を考えてみるだけでも、世界は違って見えてきます。直感も磨かれてきます。

 

これって、綺麗事ですか?

そう綺麗事です。

みんなで他人の悪口言ったり、偉そうに判断を下してる自分を、離れた所から見てみるがいい…。

なんて汚く見えるか…。

 

最後までお読み頂きありがとうございます(^_^)

それもまたよし!あまのじゃく!

 

『PK』これぞ映画!これぞエンターテイメント!


映画『PK』日本版予告

 

インド映画の、“懐の深さ”を改めて思い知らされた!

「PK」とは、酔っ払いの意味らしい。

アーミル・カーン演じる主人公が、酔っ払いのようなトンチンカンな質問をして、神様を探す旅に出る…。

「おまえ、PK(酔っ払い)か⁈」と言われることから、「PK」と呼ばれるようになる。

これだけ書くと、なんか全然つまらなそうな話だが… とんでもない!

実はSFでもあり、ラブストーリーでもあり、笑いあり、感動あり… 

とてもとても書き切れない!

 

できるだけ、ネタバレしないように個人的感想を書きます。

 

とにかくこの映画は長い! 2時間33分あります。

途中「インターバル」という字幕が出てきて、「えっ⁈まだ半分?」

前半でもかなりのボリュームなのに…。

「そりゃそうだろう。まだ何も解決してないよ。どうなるんだろう…?」

と思っていたら、後半はすごい勢いでストーリーが流れていく。

前半での伏線もしっかり解決されて「あーやられた!」

と思わず叫んでしまうほど!

こんなに長いのに、最後は心を鷲づかみにされ、泣かされてしまう。

とんでもない映画だ!

しかも、おなかいっぱになるのに、全然苦しくなく

本当にいい気分にさせてくれる。

 

宗教ネタを扱ってるのに、日本人も受け入れやすいのは、

明るくてカラフルで無邪気な「PK」目線のせい。

子供のような純粋な気持ちで世界を見ることができる。

 

社会問題、国際情勢、いろいろな人、いろいろな国の思惑… 

解決策なんて、あるんだろうか?

平和や幸福への道なんて、本当にあるんだろうか?

問題を発生させた人間が、考えて考えて…

解決策なんて見つけられるのだろうか?

それよりも、無邪気にこの世界を見て、不思議がって、おもしろがって、

楽しむことが大切なのかもしれない。「PK」に気づかされた!

 

と言っても、全然重い映画じゃやないですよ!

これぞ映画! これぞ至極のエンターテイメントです!

 

 

世界が本当に必要なもの、

人間が求め、目指さなければならないものは、このインド映画のような

“懐の深さ” なのかもしれません。

口で言うのも、言葉にするのも、あまりにも簡単なことです。

でも真剣に求めるほどの価値はあります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^_^)

 インド映画はクセになる!

それもまたよし! 

 

f:id:nonkini:20170417190603p:image

 

『世界から猫が消えたなら』を観て…


「世界から猫が消えたなら」予告ロングver

 

これは魂としての課題なのかもしれない

魂がどこへ向かうべきなのか…

それは人間としての頭ではわからない

死を間近に感じて初めて

人生のなんてない瞬間が

かけがえのないことだと知る

 

生まれて来てくれて、ありがとう

出逢ってくれて、ありがとう

 

それだけでいいはずなのに

不器用でもいいはずなのに

後になってわかる

 

そうなんだよ

 

と、何度も何度も教えられるのに

また忘れて、日々を過ごす

その繰り返し

 

 なぜだかはわからない

目的地もわからない

でも魂には必要なことなんだろう

 

素直に受けて、涙を流して

感じるままでいたらいい

また忘れてもいい

その瞬間に思い出して

ああそうだったんだ…

それでいい

f:id:nonkini:20170410083650p:image

 

感じ方は人それぞれです。あえて詳細は書きません。

予告編ロングバージョンでもかなり感動しました!

 ちなみに、

動物アレルギーの人、安心して下さい!

“猫好き”用の映画ではありません!

 

久々に(ToT)  それもまたよし!

最後までお読みいただき

ありがとうございます(^o^)

 

“見返り”を求めない生き方

f:id:nonkini:20170327114305j:image

「ボランティア精神が必要」とか

「他人のためにすることがすばらしい」とか

いう話ではありません。

今ここで言う“見返り”とは、自分がしたことに対しての反応や、“成果”と言う意味での“見返り”です。

 

誰にでもこんな感情があるかもしれません。

「これだけしてあげたのに…」

「必死で頑張ったのに…」

期待通りにならないと、人は落胆します。

そして、「この恩知らず!」と恨んだり、やる気を無くしておちこんだり…。

なぜなら それは、誰しも傲慢になりやすいからです。

期待通りにになったら気分良くて、そうじゃないと落ち込んだり荒れたり…。

傲慢以外の何者でもありません。

「謙虚がいい」とかそういうことではなく、

“見返り”や“成果”を求めることが一番ではないと気づくことです。

 

「見返りを求めない」とは相手を尊重することです。

こっちの思った通りにならないと怒る前に、自分は常に相手の思った通りのことできますか? 無理でしょ!

 

「成果を求めない」とは他人の評価を求めないことです。

自分の心の満足度を重視することです。

自分がやりたいこと、面白い!と思うことに取り組んでいると成果にこだわらなくなります。

 

今の社会、「成果主義」で動いているのは確かです。お金を稼いで食べていかなければなりません。

だから、せめて心の中の自分の基準だけは、

成果主義」ではなく「心の満足度主義」でいきましょう。

 

本当のことを言うと、

実は必ず“見返り”は受け取っています。

それは目には見えないもの。

形には表れなくても相手が感じる感情です。

信頼、好感、嫌悪、憎悪、それらは必ず自分に帰ってきます。

そして、自分自身の感情です。

達成感も、落胆も無力感も、全て自分のものです。

 それをどう捉え、生かしていくかは自分次第です。

 

 

なんて…   いつも思えるわけないよね  (ToT)

「こんなこと、あほらしくてやってられるか!」

と、よくつぶやいてる自分がいる… けど

それもまたよし!

最後までお読みいただきありがとうございます(^。^)

「なんとなく…」が実は正しい!

f:id:nonkini:20170319203522j:image

「ちゃんと考えて行動しなさい。」

「理論立てて話しなさい。」

「理由は? 根拠は? 」

「思いつきで行動してはいけません!」

私たちは、そう教えられてきました。

論理的に考えるように教えられてきました。

確かに支離滅裂なことを言っていたら、人からは信用されません。

人間として最低限の社会ルールを守り、生活していかなければなりません。

コミュニケーションをとるための語彙力や思考力はやはり必要です。

しかし、論理的思考ですべてのことが解決できるかといえば、必ずしもそうではありません。

予想外の出来事は必ず何処かで起こります。

この世に、絶対はありません。

 

もっと言えば、考えても解らない!ということもあります。

いくら考えても答えが出ないってこともあるでしょう。

それでも、「いや、俺はいつも論理的に行動している。」

それはそれでいいでしょう。

しかし、人には得手不得手があります。

論理的に考えるのが苦手な人もいます。

私もどちらかと言えば、そっちです(笑)

 

論理的に考えて行動出来る人は、そうじゃない人よりそこそこの結果を得ることが出来るでしょう。世間一般の「成功」というものを手に入れる確率も高いかもしれせん。

 

では、論理的に考えられない人はダメなのか!?

 

決してそんなことはありません!

論理的に考えても、うまくいかないことはあります。

 確率が高いなんて言っても、本当のところ結果は誰にも分からないのです。

論理的に考えて行動しても、感覚的に行動しても、結果は大して変わりません。 

「そんな気がする」のも、確率が高いからそう感じるのです。

「人生の答」を出すのに方程式はありません。

逆に、瞬間的に感じる直感のほうが正しい答を出してくれるかもしれません。

 

なぜ論理的に考えようとするのか?

それは前にも書いたように、「安心したい」という本能があるからでしょう。

「論理的に出した答なら大丈夫」「誰に聞いても大丈夫」って思いたいからでしょう。

他人に聞かなくても大丈夫です。

 「なんとなく…」でも大丈夫!

説明できないけどそう思う。なんとなくそう感じる。

それでも大丈夫!と思うために必要なこと…

それは、心構えです。

 

心をオープンにして、偏見なく物事を観ること。

それによって、あらゆる情報が入りやすくなり、気づきも起こりやすくなります。

素直な気持ちを大切にしましょう。

 

また、経験を重ねることによって、自分の勘に自信が持てるようになります。

 

そして、どんな結果になっても「それもまたよし!」と開き直ること。

後悔しない!と覚悟を決めましょう。

慣れも必要です。どんどん直感で行動しましょう。大丈夫です!

 

ここまで書いてきて、最後に何なんですが… 

理由や根拠は、後からいくらでもつけられます。

 

「なんとなく…」が正しいと思うのは、

やっぱり、なんとなくそう感じるからです(笑)

こんなオチですいませんm(_ _)m

 

子どもの頃、怒られました。

「なんで、こんなことしたの!?」

その時言うのはいつも

「なんでも~!」

(これって関西ローカル?)

 

直感で決めましょう!失敗しても、それもまたよし!

最後までお読み頂きありがとうございます(^_^)